哲人王アンバサダーへのご応募やお問い合わせ、ご質問は下記フォームに必要事項をご記入の上、

ご連絡をお願い致します。後ほど担当より順にご返信させていただきます。

 連絡先:哲人王上映推進委員会

E-mail tokyo@reicielstudio.com

​哲人王公式Webサイト:https://www.tetsujino.com/

​ご応募・お問い合わせ

  ©2019 哲人王上映推進委員会

哲人王公式アンバサダーに立候補しませんか?

映画「哲人王〜李登輝対話篇〜」は、監督の園田映人が日本人らしさとは何かを求めて、たどり着いた先が台湾元総統・李登輝であったことが制作のきっかけとなっています。

監督は「李登輝が最後の日本人なのかもしれない」と言う思いが強くなり、映画を作ることを決意したのです。

監督の母は戦時中の台湾生まれ、いわゆる湾生で、祖父は台湾総督府で働いたのち、高雄商業高校の教諭となり、台湾の教育に命をかけた教育者でした。

日本式教育の大きな影響を受けた李登輝に、台湾の教育に命をかけた祖父の面影が重なったとき、監督にとってこの作品が「必然的な作品」となりました。

​「哲人王」は日本人監督の描く、台湾への愛でもあるのです。

李登輝は日本統治下の台湾、淡水に生まれます。
子どもの頃から読書が好きで、数多くの本を読み、様々なことを学びました。
その背景としては教育に異常なほど力を入れる日本統治の特色がありました。その中で李登輝はカーライルや新渡戸稲造の著者に出会い、影響を受けます。
台湾の近代化に心血を注いだ日本人の中で、特に影響を受けたのは新渡戸稲造、後藤新平、八田與一の三氏でした。この三氏の「日本精神」を今なお李登輝は持ち続けているのです。
現在、李登輝は「アジア最高の政治家」「生ける伝説」「現存する最高のリーダー」「哲人政治家」と言われています。
台湾は、数百年に渡って外来政権によって支配されてきました。戦後の国民党独裁政権によって、「白色テロ」と言われる人権弾圧が行われていました。
そんな台湾を、一滴の血を流すことなく改革し、誰も成し得なかった独裁政権からの民主化を一代で達成させたのが李登輝です。
李登輝は台湾を台湾人のもとに取り戻したのです。
まさに偉業。
李登輝は世界に知られるべき存在です。
映画「哲人王〜李登輝対話篇〜」はそんな李登輝の精神と人生に迫るドキュメンタリー映画です。李登輝をテーマにした映画を作るということは「政治的」と見られることも少なくありません。
ですから、台湾人にとって取り組みにくい題材なのです。しがらみのない日本人の監督だからこそ実現できた企画です。
​私たちは台湾で独裁から民主化を成し遂げた李登輝のことを多くの方に知ってほしいのです。
 

映画のあらすじ

日本の福島に住む大学生・まりあは絶望していた。

リアルタイムで世界からもたらされる戦乱、貧困、混沌といった現代社会の病理にうちのめされて、この世界で生きる気力がなくなってしまったのである。

そして、まりあが生きることを諦めようとした瞬間、彼女の意識は台湾の元総統李登輝の意識と同通し、図らずもまりあと李登輝の対話が始まる。

李登輝の口から紡がれるのは、日本統治時代の台湾、李登輝自身の少年時代の高度な教育環境。まりあは戸惑いながらも、李登輝の言葉に耳を傾け、今まで全く興味のなかった自分の国の、昔の素晴らしい一面に想いを馳せる。

李登輝は日本兵として戦った先の大戦やその後の台湾における白色テロなどの恐怖政治について語る一方、その間考えていた哲学的な問題や信仰についてもまりあに赤裸々に語っていく・・・。

映画「哲人王〜李登輝対話篇〜」は2019年6月、東京・渋谷、大阪・梅田での劇場公開が決定致しました。

これに伴い、この映画の哲人王公式アンバサダー(上映推進委員)を募集しております。

本作は、昨年第39回国連人権理事会にて短縮版を公開し、国連加盟諸国のNGO代表から大きな反響を得たのち、11月にアメリカ・ロスアンゼルス、ニューヨークにて劇場公開され第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門の審査対象作品となった異色のドキュメンタリーです。

本作を上映する最大の目的は「日本と台湾との絆を深めること」。

哲人政治家・李登輝の信仰の目覚めを通して、無神論国家に警鐘を鳴らし、全アジアに民主化の目覚めの機会を与えんとするものです。

本作で国民世論・国際世論にインパクトを与えるためには東京・大阪の2館だけの公開ではパワー不足である為、全国でより多くの映画館公開を勝ち取る必要があると考えております。よって「哲人王」上映推進委員会では日本全国で、「哲人王」劇場公開(映画館への交渉・動員呼びかけ・イベントの企画など)を行う草莽のリーダーの出現を求めております。

以上をご理解いただいた上で「哲人王公式アンバサダー」として、本作の上映活動を通して、日本精神の復興・日台の絆の強化のために行動したいという方はいらっしゃいませんか?

「哲人王公式アンバサダー」にご応募いただいた以降の流れは以下になります。

1.哲人王上映推進委員会への正式加入

2.上映推進委員会からの上映コンサルティング(メール・電話)

3.推進活動(映画館への働きかけ・集客準備・並行イベントの準備)

4.上映(チラシ配布・ポスター貼り等)

​皆様のご応募お待ちしております。

哲人王公式アンバサダーとして、共に、この映画を広めませんか?
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now